アップデート後のCTSを使用!55km/h以上の設定でCTSを使用してみました【CX-30】

こんにちは。ゆすとらです。

だいぶ前になってしまいますが、CX-30の無償アップデートがありました。

CX-30無償アップデートについてはこちらです。

そこでCTS(クルージング&トラフィックサポート)がアップデートされました。

以前は速度55km/h以上でステアリング操作の自動は解除され、車線逸脱警報のみでした。

アップデートされてから時間が経ちましたがCTSを使用する機会が、

ありましたのでCTSを使用してみました。

CX-30のCTSを使用する

CTS(クルージング&トラフィックサポート)とは

軽くおさらいですがCTSはステアリング操作+ペダル操作を自動で行ってくれます。

初期型(年次改良前)は速度55km/h以上でこのCTSのステアリング操作の自動が、

解除となっていました。

しかし、マツダの粋な計らいでmazda3やCX-30に無償アップデートが実施されました。

アップデートにより速度制限が緩和され、速度55km/h以上でもステアリング操作を

自動で行ってくれるようになりました。

アップデート後のCTSを使用してみました

今回CTSを使用したのはこちらの国道356号線(利根水郷ライン)です。

この国道356号線ですが直線が多く、信号も少ないのでちょうどいいと思い使用しました。

国道356号線(Google Mapより引用)

ちなみにこの国道356号線ですが千葉県の道の駅巡りで通った場所になります。

おまけですが千葉県の道の駅巡りについてはこちらです。

【気ままにドライブ】CX-30で千葉県道の駅を巡るその2【成田方面へ】

話が逸れましたが…CTSですが使用方法は以前と変わりありません。

ハンドルの右側がMRCCとCTSのスイッチ関係です
  1. CTSスイッチを押す(スタンバイモードになる)
  2. スタンバイモード中にRESスイッチを上か下どちらかに動かす

これでCTSが始まります。

以前は速度55km/h以上でステアリング操作の自動は解除されました。

今回一般道なので速度は60km/hに設定し、CTSをスタートさせました。

実際に使用して、速度60km/hになってもステアリング操作を自動で行っており、

感激しました。

アップデート(プログラムの書き換え)でこういったシステムの更新が、

できてしまうんだなと思いました。

下の画像でCTSの速度設定は40km/hですが、60km/hでも問題なくCTS使用できました。

CTS使用中(こちらの画像は以前のもので、もちろん停止中です)

またCTSを使用してみて思ったことが3つほどあります。

  • 道路の真ん中をキープしようと左右に少し動く
  • たまに気持ち右側に寄るときがある
  • 瞬間燃費表示を見るとだいたい20km/Lあたりとなっている

・道路の真ん中をキープしようと左右に少し動く

白線や黄色線をなんども検知しているので、道路の真ん中を走ろうとハンドルが右に左に

少しずつ動きます。こんなに微調整しているのかってくらい動きます。

・たまに気持ち右側に寄るときがある

CTS使用中たまに右側に寄るときがあります。

ぶつかることはありませんが、人によっては右に寄りすぎと感じるかもしれません。

(レーダーよりかはプログラムの設定の影響?)

・瞬間燃費表示を見るとだいたい20km/Lあたりとなっている

速度60km/hに合わせて自分で走行するのとCTSで走行するのとでは燃費が違います。

なにかちょうどいい制御をしている影響でしょうか。

高速道路でCTSを使用すると凄くいい燃費がでそうです。

最後に…

CX-30無償アップデート後初めてCTSを使用しました。

アップデート前にCTSを使用していたので高速域(55km/h以上)で、

ステアリング操作が解除されなかったのは感動しました。

これで長距離ドライブ(ほぼ高速道路だと思います)が楽になります。

またCTS使用中は瞬間燃費がよかったので、燃費が凄くよくなるかもしれません。

アップデート後や年次改良後に乗っているmazda3やCX-30オーナーは

是非ともCTS使用してみてください。

4月26日、今日のマツダコネクト「風呂の日」

投稿者プロフィール

ゆすとら
千葉県在住の30代サラリーマン
アニメ、ゲーム、テニスが好きな人
CX-30 20S PROACTIVE Touring Selection(ポリメタルグレー)を購入
ブログ初心者なので日々書き方を勉強中

-
-, ,

© 2021 ゆすとらブログ Powered by AFFINGER5