メッキ部分のコーティング!ブードゥーライドのシーラントを使用してみました【CX-30】

こんにちは。ゆすとらです。

梅雨明けして洗車しましたが、残念なことに水垢がかなり酷いことになってしまいました

それがヘッドライトのメッキ部分です。

ヘッドライトのメッキ部分です

この箇所はだいぶ前にブードゥーライドのシルクを使用しましたが、シルクの効果が切れています。

これではいくらキレイに洗車してもこのままなので、またシルクを施工したいと思います。

それで今回は他にも同じブードゥーライドのシーラントを購入してみたので使用してみました。

CX-30メッキ部分をキレイにする

ブードゥーライド”シーラント”

今回使用したのはブードゥーライドのシーラントです。

ブードゥーライドのシーラントです

このシーラントはシルクと違いスプレータイプで、内容量は340gあります。

このシーラントの特徴としては以下の通りです。(公式HPより引用)

ポイント

  • シラン有機ポリマーによるコーティング保護(6~12ヶ月間の防汚効果)
  • 施工面の耐スクラッチ、耐摩耗性向上
  • スーパーハイグロスフィニッシュ
  • 超疎水性被膜(水滴跡が形成されづらい)
  • 磨き傷を隠蔽する効果
  • UVカット効果
  • 帯電防止効果

施工面の水垢や水滴跡が酷い場合は同じブードゥーライドのシルクやヘックスで磨いてから使用します

このシーラントですが布地、皮革、多孔質面、ゴム、内装には使用できません

シーラントを実際に使用してみました

ではシーラントを実際に使用してみました。

使用手順は以下の通りです。

使用手順

  1. 車両全体を洗浄し汚れや油分を除去
  2. 施工表面に製品を直接スプレー
  3. 液剤が消えて光沢が出るまでクロスで拭き伸ばす

シーラントの使用方法などです

注意点としては以下の通りです。

注意ポイント

熱くなく乾燥した状態で使用すること

容器を逆さや横にした状態でスプレーしないこと

まずは水垢が酷いのでシルクで磨きます。

左の写真がシルク使用前、右の写真がシルク使用後です。

シルク使用後はピントがズレてしまっていますが、完全ではないですが水垢除去できています。

シルク使用前です

シルク使用後です

シルクで磨き終わったらシーラントを使用します。

スプレータイプなので容器をよく振って施工面にスプレーします。

施工表面にスプレーします

スプレーしたあとはクロスで拭き伸ばします。

ヘッドライトのメッキ部分はそこまで広くないので苦労しません。

そして拭き伸ばしが終わったのがこちらです。

シーラント使用後です

ピントが合ってないので分かりにくいですがシーラント使用後です。(太陽光が眩しい…)

光沢は出ましたがシルクだけでも十分にキレイになったので、シーラント使用前後の変化があまりわかりません…

ここら辺は今後どうなっていくか要確認です。

また公式HPのQ&Aにはブードゥーライドシリーズの使用順も載っていました。

ブードゥーライドシリーズ使用順

  1. ジュジュで洗う
  2. シルクで水垢や水滴跡を除去(酷い場合はヘックス)
  3. シーラント施工

上記でコーティング作業は完了で、再度汚れてきたらジュジュで洗うもしくはディテイラーでメンテナンス

洗っても落ちない水垢が目立ってきたら再び1~3の作業を行う

最後に…

メッキ部分の水垢が酷かったのでシルクとシーラントを使用しコーティングしました。

効果は短くてシルクの3ヶ月だったので、月に1回でも確認していこうと思います。

それとですが、残念ながらボディの方の撥水がしなくなりました。

梅雨時期で車が汚れていたことは間違いないので、キレイにしなかったのが原因かもしれません。

近いうちにキーパーラボでミネラル取り洗車をお願いしたいと思います。

それにしても今回は特に撥水しなくなるのが短い感じがします。

7月24日、今日のマツダコネクト

劇画の日

ブードゥーライドシルクについてはこちらです。

CX-30のメッキ部分にシルクを使用してみました【ブードゥーライド】
水シミが付いたメッキパーツにシルクを使用!はたして水シミは落ちたのか?

投稿者プロフィール

ゆすとら
千葉県在住の30代サラリーマン
アニメ、ゲーム、テニスが好きな人
CX-30 20S PROACTIVE Touring Selection(ポリメタルグレー)を購入
ブログ初心者なので日々書き方を勉強中

-
-, ,

© 2021 ゆすとらブログ Powered by AFFINGER5