【ペルシード】ドライングクロスレビュー【シルクドライヤーとの比較】

こんにちは。ゆすとらです。

洗車の拭き取りの際にシルクドライヤーを使用しています。

吸水性も良く重宝していますがMサイズなのでとても大きいです。

シルクドライヤーMサイズより小さい吸水性の良いクロスを探していたところ、

ペルシードのドライングクロスビックがありましたので購入してみました。

ペルシード”ドライングクロス”

ドライングクロスについて

ペルシードよりドライングクロスビックです。

ドライングクロスビックサイズ

このドライングクロスですが車1台丸ごと拭ける、拭き上げに最適とのことで購入しました。

ペルシード公式HPより引用

オートバックスなどのカー用品店、Amazonなどのネットショップで購入できます。

created by Rinker
¥1,713 (2021/10/24 22:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

ドライングクロスを実際に使ってみました

早速ドライングクロス使ってみました

このクロスですが特徴にもあるように毛並みがソフトで肌触りが良いです。

ドライングクロスの毛並み

クロスの大きさは750×400mmです。(ちなみにシルクドライヤーMは900×700mmです)

大きさの比較のため重ねてみました。

ドライングクロス、シルクドライヤー大きさ比較

重ねてみるとシルクドライヤーの半分くらいの大きさです。

この大きさならば拭き取りや絞りが楽にできそうです。

では拭き取り…と使ってみましたが問題が発生しました。

ボンネット上でドライングクロスを引っ張りましたが水を含むと重いです

最初に750mmの長い方を手前に引っ張り重かったです。

では400mmの短い方を手前に引っ張った場合も試しましたが結果は変わらず重いです。

シルクドライヤーを使っている方ならわかると思いますが、

水を含んだときの引っ張りの重さが全然違います

(逆にシルクドライヤーは水を含んでも軽く引っ張れます

では1台分丸ごと拭けるとのことでそのまま続けて使いましたが、

CX-30を半分ほど拭いたところでドライングクロスが吸水しなくなりました。

吸水性はあるものの1回で拭き切ることはできず

シルクドライヤーと違いドライングクロスは絞るのは簡単なので、絞ればまた吸水します。

ただ2、3回は絞らなければ1台分拭き上げは難しいです。

シルクドライヤーは絞らずとも1回で拭き取りはできます。

(ただシルクドライヤーを絞るのはなかなか難しいですが…)

ドライングクロス使ってみましたがこの結果ならシルクドライヤーを使っていこうと思いました。

水を含んでもなぜあんなに軽く引っ張ることができるのか…不思議です。

created by Rinker
¥3,512 (2021/10/24 02:38:52時点 Amazon調べ-詳細)

最後に…

今回個人的にちょうどいい大きさのクロスがあったので購入してみました。

しかし最初にシルクドライヤーを使ってしまったので拭き上げのハードルが上がってしまい、

ドライングクロスでは物足りない感じになってしまいました。

このドライングクロスでも問題ないですがこれならばシルクドライヤーをオススメします。

シルクドライヤーは値段と絞りにくさがネックですが拭き上げは驚きです。

3月27日マツダコネクト「さくらの日」

投稿者プロフィール

ゆすとら
千葉県在住の30代サラリーマン
アニメ、ゲーム、テニスが好きな人
CX-30 20S PROACTIVE Touring Selection(ポリメタルグレー)を購入
ブログ初心者なので日々書き方を勉強中

-
-, ,

© 2021 ゆすとらブログ Powered by AFFINGER5