ホンダ自動運転「レベル3」国土交通省より取得

こんにちは。ゆすとらです。

テレビを見ていたらホンダが自動運転レベル3を取得とのニュースを見ました。

夢のような機能「自動運転」について書きたいと思います。

自動運転について

自動運転にはレベルがあり

  1. 運転支援
  2. 特定条件下での自動運転機能
  3. 条件付自動運転
  4. 特定条件下における完全自動運転
  5. 完全自動運転

となっています。

レベル1:運転支援

レベル1は運転支援系、挙げられるのは

  • 自動ブレーキ
  • ACC(Adaptive Cruise Control):前の車に追従走行
  • LKAS(Lane Keep Assist System):車線からはみ出さない

今ではどのメーカーも標準装備やオプションなどにある内容になってます。

個人的にはACCだけでも十分運転負荷は軽減されると思ってます。

レベル2:特定条件下での自動運転機能

レベル1にあるACC+LKASの組み合わせがレベル2となってます。

そうなるとACC、LKAS単体ではレベル1で、組み合わされてレベル2になるんですね。

レベル2でもさらに上があり

  • 遅い車がいれば自動で追い越す
  • 高速道路の分合流を自動で行う

これがレベル2の高機能版。

最近だとSUBARU:新型レヴォーグがこのレベル2高機能になりますね。

あとは日産のプロパイロット2.0のシステムです。

レベル3:条件付自動運転

国土交通省の説明では

「システムが全ての運転タスクを実施するが、システムの介入要求等に対してドライバーが適切に対応することが必要」

となっています。

条件下ではハンドル操作やスピードの加減速をシステムが行うことになります。

ただ何かしらあった場合はドライバー操作が必要になるので完全な自動運転にはならないです。

このレベル3の認証を受け搭載されるのがホンダ:レジェンドの予定。

レベル3でも何かしらトラブルがない場合は自動運転に変わりはないですが…

レベル4:特定条件下における完全自動運転

国土交通省の説明では

「特定条件下においてシステムが全ての運転タスクを実施」

レベル4はレベル3であった何かしらあった場合もシステムが対応することになる。

特定条件下なら完全自動運転なので、その区間は楽になりますね。

まずは高速道路などになるでしょうか。

レベル5:完全自動運転

国土交通省の説明では

「常にシステムが全ての運転タスクを実施」

レベル5では条件なしで完全に自動運転となってます。

ここまでくるとナビに目的地を入れたら後は乗ってるだけですね。

最後に…

自動運転も進化しレベル3:条件付自動運転まできました。

完全自動運転まではまだまだ先は長いですが、こういった技術の進歩は凄いの一言です。

自動運転を体験してみたいですが車両価格も上がるでしょうね…

まだ私はACCを試せてないので近いうちに試したいと思います。

投稿者プロフィール

ゆすとら
千葉県在住の30代サラリーマン
アニメ、ゲーム、テニスが好きな人
CX-30 20S PROACTIVE Touring Selection(ポリメタルグレー)を購入
ブログ初心者なので日々書き方を勉強中

-

© 2021 ゆすとらブログ Powered by AFFINGER5