シュアラスター”タイヤコーティング+R”を使用してタイヤを綺麗にしました

こんにちは。ゆすとらです。

以前タイヤの見栄えをよくするためにタイヤワックスを使用しました。

タイヤワックスについてはこちらです。

今回タイヤワックス以外で探したところ、同じシュアラスターの

タイヤコーティング+R”を選んでみました。

タイヤワックスとタイヤコーティング違いは何か、使用してみてタイヤのツヤはどうか、

確認してみたいと思います。

タイヤにコーティングを施工する

シュアラスター”タイヤコーティング+R”

今回使用したのはシュアラスターのタイヤコーティング+Rです。

シュアラスターのタイヤコーティング+Rです

以前使用したシュアラスターのタイヤワックス同様に塗るタイプです。

タイヤコーティング+Rの内容としてはこちらです。

  • 液剤
  • 専用スポンジ

以上2点で、液剤の容量は100mlで普通車のタイヤ約24本分になります。

液剤、専用スポンジです

タイヤワックスとタイヤコーティング+Rの違いは?

シュアラスターにはタイヤワックスタイヤコーティング+Rがあります。

2つの違いについては公式HPにも書かれていません

値段的にタイヤワックス<タイヤコーティング+Rなので、タイヤコーティング+Rの方が

性能が良いとは思います。

(容量もタイヤワックス:200ml、タイヤコーティング+R:100mlとなってます)

特に耐久性に関してはタイヤワックス:約1ヶ月タイヤコーティング+R:約6ヶ月

差があります。

性能の良いものを…ならばタイヤコーティング+Rを選ぶのがいいと思います。

タイヤコーティング+Rを実際に使用してみました

ではタイヤコーティング+Rを使用してみました。

使用手順は以下の通りです。

  1. タイヤ側面に付着しているホコリ、油汚れ、泥汚れを洗い流す
  2. 付属の専用スポンジに適量つけ、タイヤ側面に均一に塗る
  3. 20程度乾燥させる
タイヤコーティング+R使用手順です

また、注意点としては次の通りです。

  • タイヤ側面のホコリなどを洗い流したら水滴をよく拭き取る
  • タイヤ、ゴムパーツ、未塗装樹脂以外に使用しない
  • タイヤ接地面や二輪車への使用はスリップの原因となるので使用しない

使用方法はタイヤワックスと同様に液剤をタイヤに塗るタイプです。

タイヤワックスと比べると液剤がベタっとした印象です。

液剤をスポンジに適量つけます

またスポンジですがタイヤワックスとスポンジが違います。

タイヤコーティング+Rのスポンジは先端が細くなっているのでホイールとタイヤの隙間、

この場所が塗りやすいです。

ホイールとタイヤの隙間が塗りやすいです
タイヤコーティング+Rのスポンジです(先端が細くなってます)
タイヤワックスのスポンジです(こちらは丸です)

そしてタイヤコーティング+Rを使用するとこんな感じになります。

濃い部分がタイヤコーティング+Rを使用しています。

左側:使用前、右側:使用後になります

比較として以前使用したタイヤワックス使用後のタイヤがこちらです。

タイヤワックス使用後です

使用したあとを見るとあまり変わりない…感じがしますが、塗った直後だからかもしれません。

今回タイヤワックスも一緒に使用しましたので耐久の違いがわかれば…と思います。

スポンジは断然タイヤコーティング+Rに付属しているスポンジが個人的には良かったです。

最後に…

今回タイヤコーティング+Rを使用してみました。

以前使用したタイヤワックス同様塗るだけなので、そこまで難しくはありません。

ただ耐久性は違ってくるのでどれくらい持つか楽しみです。

またタイヤコーティング+R以外にも使用したものがあります。

左側:???、右側:タイヤコーティング+R

それは後日のお楽しみに。

5月16日、今日のマツダコネクト「旅の日」

1週間後の状態や撥水状態などを確認しました。

タイヤコーティング3種類の状態を確認!1週間後のタイヤの状態はどうなのか…?
タイヤコーティング3種類の状態を確認!【洗車した後&撥水編】

投稿者プロフィール

ゆすとら
千葉県在住の30代サラリーマン
アニメ、ゲーム、テニスが好きな人
CX-30 20S PROACTIVE Touring Selection(ポリメタルグレー)を購入
ブログ初心者なので日々書き方を勉強中

-
-, ,

© 2021 ゆすとらブログ Powered by AFFINGER5