【CX-30】フォワードセンシングカメラについて

こんにちは。ゆすとらです。

だいぶ前になってしまいますが通勤で車に乗ったところ”センシングカメラ視界不良”の警報がでました。

どこの異常かわからなかったので記事に書きたいと思います。

センシングカメラ視界不良

速度メーターのところにこんな感じで警報がでました。

センシングカメラの視界不良とのことで安全運転支援システムが作動しないとのことです。

ではセンシングカメラとはなにか、どこについているか調べてみました。

フォワードセンシングカメラとは

まずフォワードセンシングカメラはこの位置にあります。

このフォワードセンシングカメラは車線表示を検知したり夜間走行時にはヘッドランプ、テールランプ、街灯を認識したりしています。また、前方の車両や歩行者、障害物も認識します。

このフォワードセンシングカメラは次のシステムが共用しています。

  • ハイ・ビーム・コントロールシステム (HBC)
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト (ALH)
  • 車線逸脱警報システム
  • 交通標識認識システム (TSR)
  • ディスタンス & スピード・アラート (DSA)
  • ドライバー・アテンション・アラート (DAA)
  • ドライバーモニタリング
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (MRCC)
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール (全車速追従機能付) (MRCC (全車速追従機能付))
  • レーンキープ・アシスト・システム (LAS)
  • クルージング & トラフィック・サポート (CTS)
  • AT誤発進抑制制御 [前進時]
  • スマート・ブレーキ・サポート (SBS)

と多くのシステムに使用されています。(MAZDA電子取扱説明書より引用)

逆にこのカメラだけで多くのシステムを支えていることになります。

このセンシングカメラ視界不良が出た時はフロントガラスに霜が降りていました

運転席前のフロントガラスの霜がとれてましたが、センシングカメラの場所は残っていたかもしれません。

乗り込む前にしっかり見ておくことが大事かもしれません。

最後に…

今回の”センシングカメラ視界異常”はあまり見ない異常の警報でした。

運転すること自体に問題はない異常ですがMRCC(マツダレーダークルーズコントロール)などACC系は使用できないと思います。

雪国で運転するときは注意が必要かもしれません。

投稿者プロフィール

ゆすとら
千葉県在住の30代サラリーマン
アニメ、ゲーム、テニスが好きな人
CX-30 20S PROACTIVE Touring Selection(ポリメタルグレー)を購入
ブログ初心者なので日々書き方を勉強中

-

© 2021 ゆすとらブログ Powered by AFFINGER5